酔っぱらいの国へようこそ

単車のページ

単車用語のページ


一般的な専門語を私なりに記録しました

全長
前輪の最先端から、最後部(リアフェンダーやリフレクターの最後部)までの長さ。事実上の長さ になります。
全幅
ハンドル又はブレーキ、クラッチレバーの先端から先端までの距離がそれになります。車同様、 バックミラーは含まれません。もちろんウインカーがはみ出すのは違反です。個人の好みによって ハンドルを交換すると、違反になります。
全高
ミラーを除いた部分の、タイヤ接地面からの高さです。カウル、スクリーンは含まれます。
軸距離
前輪の主軸と、後輪の主軸の距離。
原動機の種類
使用されている原動機の種類。単車の場合ほとんどがガソリンを使用した内燃機関である。(シ リンダーの中で燃料が燃焼するので内燃機関という。蒸気機関はボイラーの外で石炭を燃やしている ので外燃機関である。)同時に気筒数を明記している場合もある。
車両重量
メーカーによって乾燥重量(油、冷却水、燃料を抜いた状態)で計る場合と、それらを装備した 状態(つまり燃料以外は走れる状態)で測定した場合が有ります。
車両総重量
定員をすべて乗車し、ガソリン、オイルなどを装備した時の重量。この場合人一人は55キログラ ムで換算されます。
タイヤサイズ
この分野はタイヤメーカーのカタログの方が丁寧に書かれていますので、そちらを参照してくだ さい。
最低地上高
地面から、一番近いタイヤ以外の部品迄の距離です。カウル付きの単車はアンダーカウルの一番 低い所迄の距離、そのほかはマフラーまでの距離がそれに当たります。ちなみにバンク角とは別です。 あしからず。
制動停止距離
50KM/毎時からの停止距離。一般的に言う急制動。
登坂能力
坂道を0km/毎時から発進出来る能力。測定方法は不明。
最小回転半径
直立した状態で、ハンドルをいっぱいに切って、回転できるタイヤの軌跡の半径。
始動方式
原動機を始動させる為に使う動力。人間の足のキックによって始動するタイプと、電気式パッテ リーを使う場合がある。その昔、ホンダのパッソルは、ゼンマイ式で始動した。
原動機種類
その単車の原動機が必要とする燃料の種類。単車は100%ガソリンである。
シリンダ数及び配列
使用しているピストンの数とその位置関係。クランクシャフトの向きが、進行方向に向かって、 どちらを向いているかがその配列である。ほとんどが横置きである。一部の車種が縦置きに成って いるが、全長が長くなり操縦性能に支障をきたす(軸距離が長くなると直進安定性はよくなるが、小 周りが苦手になる)ため、あまり採用されていない。複数シリンダーがある場合の位置関係は、 直列、V型、などと記載されている。
総排気量
排気量の合計。(1つの気筒の排気量×気筒数)。排気量はピストンが上下する間隔の容積で、シリ ンダー上部の燃焼室の容積は含まれない。
内径×行程
内径はシリンダーの直径、行程はピストンの往復の距離。シリンダーとピストンの間にはわずか 隙間が有る為、この場合にはピストンの直径は無視される。これが排気量となる。一般に内径<行程 の場合にはトルク型、内径>行程の場合には高回転型、もちろん単車は高回転型。
圧縮比
圧縮比=(燃焼室容積+排気量)÷燃焼室容積×100
圧縮圧力
低速回転時のシリンダー内部の圧力。燃焼はさせず、セルモーターなどで回転させ測定する。機 械の精度は計算とは違うし、磨耗もそれを左右する為、計算では表せない部分は擬似的にエンジンを 回転させ、特殊測定工具で測定する。計算では出来ないピストンリングからの圧力漏れや、バルブか らの圧力漏れを測定出来る。エンジンをばらさずに簡単に状態を見る事が出来る。
最高出力
その原動機が持っている最高の力。最近では走行状態と同じようにフレームにエンジンを載せ、 後輪の出力を図っている。いわゆるNET馬力である。トランスミッションの馬力損失も含まれる為、 かなり実践的な数値である。しかしタイヤの摩擦や滑りは計算されているのであろうか?ちなみに 大人一人では約0.25馬力(1馬力=75kgf/sec  75kgの重量を1秒間に1m持ち上げる力)であると 言われている。
最高トルク
その原動機が持っている最高のトルク。最大出力時の回転数と最大トルク時の回転数の差が大き いと、一般的にはトルク型のエンジンと言われる。反対にその差が狭いとピーキーなエンジンである。 トルクの定義と馬力の定義はその道の専門書に委ねる。
弁開き(閉じ)
4サイクルにしろ、2サイクルにしろシリンダー内に空気と燃料を封じ込める為、弁(バルブ) が必要になる(2サイクルはピストンがその役目となる)。そのタイミングをクランクの回転の角度 から割り出した物である。BTDC(before top dead center),ATDC(after top dead center),BBDC (before bottom dead center),ABDC(after bottom dead center)などピストンが一番上(上死点) 一番下(下死点)の時を基準に測定する。
弁すきま
弁とカムシャフト、弁とロッカーアームのすきま。すべて冷間時に計る。エンジンが温まると 熱膨張で弁が伸びるので当然すきまは狭くなる。このことを見越してわざとすきまを空けておく。 ちなみに排気弁の直径の方が吸気のそれに比べて大きいのは、排気弁はいつも熱い燃焼ガスに さらされているが、(その熱を弁と弁座面の接触している間にシリンダーヘッドに逃がしている) 少しでも接触面積を大きく取って熱を放出したい為である。もう一つ余談であるが、弁は開く 瞬間(閉じる瞬間)に少し回転しているので、その接触面がきれいに保たれるのである。
無負荷回転速度
エンジンに何の負担も与えずに、安定して連続運転が出来る(つまりアイドリング状態)時の エンジン回転数。
潤滑方法
エンジンオイルの潤滑方法。ドライサンプや、ウエットサンプがある。ほとんどのエンジンは ウエットサンプである。
潤滑油容量
エンジンオイルの量の事。分解整備に伴うオイルの損失も明記しているメーカーも有り、 エレメント交換時には○○リットル、エンジン分解整備時には○○リットルと書かれている 所もある。
冷却方式
エンジンの熱を冷やす方法。水冷もしくは空冷になる。水冷にしても間接的に空気で(外気 で)冷やすことになる。問題は直接空気で冷やすか、間接的に冷やすかである。外気の温度は 季節や気候によって不安定なので、安定した燃焼室温度をたやすく保てる方法(高出力を安定して 、継続的に出せる)として、水冷がいいとされている。
エアークリーナー形式
導入される空気を浄化する方法。車と同じように、カートリッチ方式の乾式タイプと、発泡 ウレタンにエンジンオイルを染み込ませた方法がある。排気量の大きい単車には乾式タイプが 使われているが、小排気量車には、湿式が多く使用されている。コスト面の問題と(小排気量 車では、部品の単価が車体の価格に折り合わない)、使用する空気の問題が関係していると 思われる。

少し専門的なページ

馬力とトルクの相対関係は以下の数式で表される。
トルク=716.2×馬力/回転数(馬力はそのときの回転数)

このページのTOPにもどる

単車のページにもどる

ホームページにもどる

shiozawa@mb.infoweb.ne.jp