酔っぱらいの国へようこそ

単車のページ

第14回「Tasts of Free Lance」のCBX750F


更新終了。

今回、我がレーシングチームのリーダーMASAさんが、愛車「GS605G」で1970年代の 単車のカテゴリーレース「D.O.B.A.R.1」(GS650Gは1983年製ですが特別に 認められている)に参加する為、筑波サーキットへ行って来ました。

昨年の11月のレースは、エンジンの修理が間に合わず不参加となった為、ライダーは「リベンジだ !!」と言って張り切っていましたが、今回も部品の入手に手間取りマシンが出来上がった のは本戦の4日前の25日でした。翌日は私も練習走行に立ち会いましたが、なんとそこでまた クランクから異音が発生、満足に練習が出来ませんでした。

しかし「レーシングサプライ 杉並」の海野さんの徹夜に及ぶ修理の結果、マシンはレース前日の 夕方には組み直す事が出来ました。(海野さんには大変感謝しています)


レース当日は、慎重にウォーミングアップを行いましたが、予選3周目でまたもクランクから異音 が発生し、結局本領を発揮せずに終わってしまいました。(去年の5月のレースでは7位に入っ た経験が有ります。)


ところで、私には他に目的が有りました。「D.O.B.A.R. 01」に出場して
いるあの「CBX 750F」の写真をここで紹介したかったのです。


なかなかの仕上がりで(もう1台ほとんどノーマル状態の参加者もいましたが)、昨年初めて気がつ いた時に、思わず声をかけてしまい、今回はどうしても写真を取りたかったのです。

ゼッケン39

Team「有限会社 ターザン」

前橋 祐介選手

前橋さんのマシン1
前橋さんのマシン3 後ろからのローアングル 前橋さんのマシン2 リア周りの中心部分

そのマシンには「RC30」の足周り、心臓が移植された異次元のマシンです

いろいろと話をしてみると、今までに「CB1100」用のピストンを入れたエンジンを造ったり 今回のマシンの改造秘話をいろいろと聞かせて頂きました。彼の作った「ホライゾン改」は 今月号の雑誌「DJ」の表紙を飾ったそうです。かなり「CBX750F」にのめり込んでい ます。とても明るい方で気軽にお話が出来ました。


前橋選手のレース結果
予選
ベストラップ 1'06'625
決勝
7位。スタートで出遅れ(本人もスタートは下手と認めています)ましたが、中盤から1周毎に 1台ずつ抜いて、徐々に順位をあげる余裕のあるレース展開でした。
彼には特別賞「テイスト オブ マシン賞」が送られました。おめでとうございます。

最後に会社の宣伝をしてほしいと言われました。武蔵村山方面でビルの清掃会社をお探しの方は ぜひ私宛にメールを送って下さい。彼に連絡を取って、彼の方から連絡を入れる段取りを します。
よろしくお願いします。

オーナーの前橋さん

駐車場で懐かしい人に会いました。以前練習でお友達になった雑誌「champ U」の川崎さんと編集 長が帰り支度をしていたので、写真に取りました。彼は雑誌で「ドーバーへの道」を書いていまし た。今回も出場しましたが人気が高いクラスでレベルが高く,残念ながら予選落ちとなりました。

champUの2台


こんな懐かしい単車も出て来ます。一度見に来て下さい

モリワキモンスターマシン


第16回「Tasts of Free Lance」前橋選手のCBX750F

5月25日筑波サーキットに出向いて、前橋選手のCBX750Fを見てきました。


前橋選手もホームページを開設していますので、詳しくはそちらをご覧ください

前橋選手のHPはこちらです。

ここでは、私が関心を持った所のみ、公開します。

右後方からの写真 前回までは、右出しのチタンマフラーを使用していましたが、今回「CBR900」用を改造した 左出しマフラーに変えていました。この角度からみると、スイングアーム、リアサスがよく見え ます。

リアサス上部の写真 リアサス上部は、オリジナルのピポットに、アダプターを制作して、取り付けてあります。

リアサス上部の写真 右側から同じところを見ると、バッテリーの置き場所と、リアサスのサブタンクが きれいに配置されていました。バッテリーは点火系統のみの供給を行う為、かなり小さな 物です。始動は、予備のバッテリーから直結します。

リアサス上部の写真 リアサス上部の写真

CBR900様のエイパイの1番、4番を途中で切り、付け替えて溶接してあります。 集合部分もかなり苦労している様子がうかがえます。

レース当日は、筑波には行けずに、その後は筑波サーキットのリザルトのみ確認しています。 改造の明細は、いろいろと問題が有ると思いますので、私からは公開出来ません。
前回のエンジントラブル(?)で、今回使用しているエンジンは、昔ホライゾンに 装着していた物を使用していて、少しパワーが無いとの事です。練習ではなかなか タイムが出ず、だいぶお困りの様子でした。
忙しい中、お話を聞かせて頂きありがとうございます。
今後も楽しみにしております。

第16回 「Taste of freelance」レースリザルト


CBX750Fのデータのページにもどる

バイクのページにもどる

ホームページにもどる

shiozawa@mb.infoweb.ne.jp