酔っぱらいの国へようこそ

工具のページ

スクリュードライバー


最終更新日時:平成16年 8月15日。

人類がネジを発見してから、それを回す為に、頭の部分がいろいろと考えられて来ました。その当時 頭が6角形の物を作るのは、大変な技術と費用がかかったと思います。簡単にネジを回せる方法を いろいろな人が考え、今日に至ったと思います。現に頭が6角形以外の(つまりネジの外からでは なく、回転軸と同一方向)から回す部分にはたくさんの種類があります。なんと言っても、回すのが 簡単です。工具を振り回すスペースも要りません。これらは小さなネジの場合ですが当時大きなネ ジは、苦労して作るより、リベットの方が安上がりで確実だったのです。

現在日本では、もっとも単純なマイナスの頭のスクリュードライバーとプラス頭のそれが規格されて いますが、世の中にはもっと複雑な形の頭を回すネジがたくさん有ります。一番良い例が、レン タルビデオテープの裏の中心部に有る、三角形の物や丸い物、欧州の家具に使われているプラス 頭に髭の生えた物、ヘルメットホルダーにあるコンペイ糖の様なもの、など身の周りにはいろいろ たくさん隠れています。それらは何らかの理由により考えられた代物です。

ここでは日本の基準に成っているプラス(フィリップスドライブ)を中心に記録して行きます。この規格 は皆さんがよく知っているオランダの電機会社が作った規格で、もっとも多く使用されています。


スクリュードライバーの使い方

  1. 自分の手に有った物を使用する。
  2. 規格に有った物を使用する。特にプラス規格の場合には、注意が必要で、規格の大きな物から 順番に
    あてがってみて、ぴったりと有った物を使用する。
  3. 力の配分は「押し7分、まわし3分」が原則
  4. 作業する余裕があれば、なるべく長いブレードを使用し、しっかりと抑えてから回す。(自分 の体に近い
    と抑えやすいと思います)
  5. 先端が磨耗、変形した物は使用しない。(スクリュウードライバーは消耗品と思います)
  6. 固くて回せないネジはあきらめる(他の方法を考える)。


    今まで使用したスクリュウードライバーの感想

    Snap−on SSDP42,SSDP31の写真

    Snap−on [1]

    上 SSDP42
    下 SSDP21

    今はもう販売されていない、グリップが細身のドライバーです。現在のモデルはすべてパワー グリップになっていますが、このグリップが手に合っていてとても好きです。もちろんブレードは 現在の物と共通です。ブレードの根元の六角部分には、レンチをかます事が出来るので、便利な 様に見えますが、あまり使いません。SSDP42はもうこれで4代目のグリップです。グリップの み部品で買っておいたので、今後も長く使えます。ブレードは特に固いとは思いません。ネジとの 相性が一番いいと思っています。
    他の人の意見を聞いてみると、私とは違っている場合 もあり、最終的には使う人の感覚だと思います。

    Snap−on ブレードの写真

    Snap−onのドライバー類は、グリップとブレードが簡単に取れるのが特徴 です。ブレードにウエスを巻いて万力にくわえ、木ハンマーでグリップのリップ部分を丁寧に叩くと 取り外す事が出来ます。また、ブレードの磨耗による交換は永久保証の対象外です。ですから、いざと 言う時の為に、ブレードも部品として買っておくと便利です。

    最近入手した情報では、 磨耗による交換も行っていると聞いていますが、私が実際に話を聞いたわけでは無いので、 真実は判りません。

    Snap-on SSDP22の写真

    Snap−on [2]

    SSDP22

    このドライバーのグリップ部分も、もう生産されていない物です。この角度では、昔の ロゴマークが見えると思います。「Snap−on」社は何年かおきにロゴマークを 変えている様です。スタビードライバーはそんなに使用しない為、未だ新品同様です。 私の手のひらに収まり、心地よい作業を与えてくれます。最近このグリップに車の鍵が 付けられる様になったキーホルダーも出回っている様です。しかし、キーホルダーには 少し大きい様で、私も使っていますがあまりいい物では有りません。

    Snap-on SSD10の写真

    Snap-on  番外編

    SSD10

    こんなに長いマイナスドライバーも良く使用します。全長は375ミリあります。日本ではこんな マイナスネジは、クランクシャフトのセンターキャップやめくらネジにしか使われていませんが、 私の場合にはこれをレバー代わりに使用したり、こじったり、好きな様に使っています。

    STAHLWILLE 10515/3,10515/2の写真

    STAHLWILLE

    上 10515/3
    下 10515/2

    グリップの形がSnap−onに似ていて、これも愛用しているドライバーです。この形のグリップ ももう販売されていません。Snap−onの様に、グリップとブレードが外れず交換部品が無いの で、一番大事にして使っています。ブレードは何となくSnap−onより固い様に思います。 先端には何の処理もしていないので、すぐに錆びます。ネジが吸いついて来る様な感じで、しっかりと ホールドしている様に思えるので、新品のネジを回すのにいつも使ってしまいます。グリップのプラス チックも表面が滑らず、使っている内に茶色の半透明に変化します。

    HAZET 814-PH3の写真

    HAZET

    こんな古いドライバーが物置から出て来たので、ついでに紹介します。HAZETのドライバーは グリップが手にあわなかったので、今まで使っていませんが、10年ほど前あるお店の工具売り場で ワゴンセールの中から発掘(!)しました。木柄の貫通ドライバーでしかもブレードの根元に6角 まで付いている、現在でも通用する逸品だと思います。残念ながら使っていません。記念モデルと して大事に保存しています。

    PB 6162−2の写真

    PB

    6162−2

    昔のPBのドライバーのグリップは、こんなダルマ形ではなく、円筒形の細身のもので、個人的には 嫌いなドライバーでした。しかし、ポジドライブのドライバーが急に必要になったので、在庫が有り すぐに手に入ったのでこの新しいグリップの物を買ってしまいました。グリップの色で先端部分の 規格を分けているので、使う人にとってはとても分かりやすい事と思います。しかしこのグリップ にしろ形、材質共に私の好みではありません。

      Beta 1224N 6×30−1×6、5の写真

    Beta

    1224N 6×30−1×6、5

    イタリアのメーカー「Beta」社のスタビー ドライバーです。これも、工具箱の隅に寝ていました。あまり使っていません。 自分でも不思議ですが、何でマイナスを買ってしまったか、思い出せません。グリップ部に 指が丁度納まる様に、くぼみがあり、グリップ感覚は最高です。しかし、ブレードの 先端まで、メッキがしてあるので、すこし滑り易い様です。

    FACOM ACH6.5×150の写真

    FACOM

    ACH6.5×150

    フランスの大手工具メーカーの「FACOM」社のマイナスドライバーです。もともとは 産業機械用のメーカーで、車関係ではあまり有名ではありません。しかし、私が気に入って いるのは、ブレード部分が6角形で作られている為、何となく強靱さを感じ、主にネジを 締める作業より、プライバー(シノ)として使用しています。かなり丈夫に作られていて、 ブレードは曲がっていませんが、先端部分のメッキは剥がれてしまっています。


    ナットドライバー

    PB No.200の写真

    PB No,200

    上 No,200s−10
    中 No,200s−8
    下  No,200−7
    あまり使用していませんが、とりあえず所有しています。どうもこの形のグリップは私 には、合いません。しかも、便利そうなので買ってしまいましたが、それほど便利では なく、工具箱の隅に寝ています。サイズは下から、「7o」「8o」「10o」です。 「8o」と「10o」のブレードの根元には6角が付いていて、いざという時には めがねレンチ等で、大きな力を加えられる様になっています。

    PROTO 9212Mの写真

    PROTO 9212M

    上 9212M
    中 9210M
    下 9207M
    昔から地味な色合いを使っている工具メーカーの中で、こんなに派手は色を使っている事に 驚き、早速買ってしまいました。グリップも太く、大変気に入っています。しかし、上記の 「PB」と同じように、あまり便利ではなく使っていません。サイズは、(写真には載って いませんが6oから12oまで所有しています。しかし、8oが今手元に有りません。 どこかに眠っていると思います。


    工具のページの「目次」にもどる

    工具のページのTOPにもどる

    ホームページにもどる

    shiozawa@mb.infoweb.ne.jp